印刷データについて

印刷データ入稿までの流れ

@ 印刷データテンプレートDL

当店が用意している印刷データテンプレート(イラストレーターaiファイル/フォトショップpsdファイル)をダウンロードし、テンプレートの上にお客様のデザインを配置してください。 ⇒ 印刷データテンプレート



A 印刷データ作成

カラーモードCMYKで作成する
カラーモードRGBで作成されたデータの場合、当店にてCMYKに変換させて頂きますが、カラーモードの変換を行うと色味が変りますので、納品後のトラブル防止のため、CMYKで作成されることをお勧め致します。
カラーモードCMYKで作成する
実寸サイズで作成する
実寸サイズで作成されていない場合、データの内容によっては再入稿お願いすることになります。
実寸サイズで作成する
文字のアウトライン化
ロックがかかっているレイヤー内の文字がアウトラインされていないケースがよくあります。全てのロックを解除した上でアウトラインを行ってください。
文字のアウトライン化
画像の解像度300dpi(推奨)
綺麗に印刷する為には画像の解像度は300dpi以上必要です。解像度72dpiの画像を使用されているケースがよくありますが、72dpiの画像はweb用の画像になり、モニター上では綺麗に見えますが印刷をすると綺麗に印刷ができません。
綺麗な印刷を希望される場合は、300dpi以上の画像をご使用下さい。
画像の解像度300dpi
画像の配置
画像の配置方法に指定はありませんが、リンク配置を行う場合、必ず、リンク画像も一緒にご入稿ください。
塗り足し
ジャケット印刷は、仕上がりサイズ+天地左右3mm以上の塗り足しが必須になります。塗り足しがないと、ジャケット裁断の際のズレに対応できず、結果、ジャケットの縁に白色のラインが入る場合があるからです。塗り足しを含めたデザインを行ってください。
レーベル印刷に関しては、塗り足しは必須ではありませんが、塗り足しがあった方が綺麗に仕上がります。
塗り足し
黒ベタ
ジャケット印刷で、背景色に黒ベタを使用する場合、CMYKの総量は250%前後になるよう設定してください。濃度オーバー、濃度不足の場合は、再入稿頂きます。
黒ベタの場合の濃度例⇒C 50%、M 50%、Y 50%、K 100%
塗り足し
出力見本用の画像の用意
出力見本用の画像(スクリーンショット等)は必須となります。必ず、一緒にご入稿ください。


B 印刷データ入稿

出力見本の画像を添えてご入稿ください。 ⇒ 印刷データ入稿



盤面印刷データ 免責事項

インクジェットプリンタの特性上、外円(税抜)/内円(税抜)に1mm程度白地が残ります。
予めご了承ください。

ジャケット印刷データ 免責事項

裁断時、ズレが生じる場合がありますが、3mm以内のズレは許容範囲内とさせて頂きます。
予めご了承ください。

BDコピーサービス

BDコピーサービス オプション一覧

ご利用ガイド

マスターBD送付先
〒594-0052
大阪府和泉市阪本町377-4
株式会社タニムラデンキ
0725-54-8684